iPhoneで写真を撮ると居場所が丸見えに

iPhoneの登場で手軽に写真を共有して友人や家族で楽しんだりする事ができるようになっていますが、写真をアップロードする場合は気をつけなければいけない点があります。

ISMSの審査の最新情報が知りたい方にはこちらです。

それは写真に含まれる位置情報です。
なぜ位置情報が問題になるのでしょうか?位置情報は、どこでこの写真を撮影したという情報を記録したものなので、役に立つ面も大きいのですが、プライバシーに関わる問題も含まれています。

Google Maps API for Workの特徴を紹介するサイトです。

そのSNS等で共有されている写真が誰でもウンロードできる状態だった場合、簡単に位置情報を観覧する事ができてしまいます。


誰か知られたくない相手に、自宅の住所がばれてしまったり、写真を多く公開している場合は、行動範囲を調べられる可能性もあるでしょう。

空中超音波についての情報をお探しの方は必見です。

iPhoneのカメラは、この位置情報をoffにする事ができるので、写真によってはoffにして利用するようにしましょう。

航空レーザー計測情報があれば全てが解決します。

ライフログ的に写真を使用している場合は、位置情報も立派なログなので、onやoffを上手く使うと良いでしょう。

ipadの講座の情報を探すならこちらです。

設定自体は、設定、プライバシー、位置情報サービス、カメラで写真の位置情報を設定する事ができるようになります。



位置情報の設定画面を見ると様々なアプリで位置情報が使われているのが分かります。



もしそのようなアプリで、位置情報を使わない方が良いと思う場合は、offにしておくと良いでしょう。



iPhoneは便利反面、使い方を注意しないと知らず知らずのうちに、トラブルに巻き込まれる場合があるので、設定を一度見直してみましょう。

関連リンク

iPhoneで増える子供の写真の管理


iPhoneで写真を管理する方法は様々ありますが、人それぞれやり方や、使用しているサービスが違うかもしれません。クラウドに保存している方や、ハードディスクに保存している方、両方に保存している方もいるでしょう。...

iPhoneをダイエットに使う理由とは


世界で爆発的な人気を誇るiPhoneは様々な分野で使い道があり、人それぞれいろんな事に利用して楽しんでいます。写真を撮る、ビデオを撮る、ライフログとして記録を付ける、ゲームをする、映画を楽しむ、音楽を聴く等、アプリによって様々な可能性が生み出されています。...